スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    素敵な親友、恋人が欲しい


    貴方のことを、知っている人は世の中に、何人いますか?
    貴方は、知り合いや肉親にとって、どうでもいい存在の人間ですか?
    逆に、その知り合いや肉親の事をどうでもいい存在だと、思っていませんか?

    自分の昔を、少し思い出して見て下さい・・・。
    腹を割って語り合える本当の親友や、隠し事など、一切ない
    唯一無二の恋人が欲しいと思っていた時期が、必ずあったと思います(主に若い時期に)。
    心理学的にも同姓の仲間が必要な時期、異性との交際が必要な期間というものが在ります。

    私も、真の友達、素敵な恋人というものが、喉から血の泡」が出るほど欲しかった・・・。
    でも、出来なかった・・・。

    二十歳を境に、そういったものは、「出来なきゃ出来ないでいいじゃん!」と思うようになり、
    <なあなあ>の人付き合いしか出来なくなった様な気がします(浅い人付き合いの事ね)。

    それに私は、周りにいた人達をあまり大切に思えなかった・・・・・。
    本当に繋がっていたいと、思える人ならもう少しなんとかできたのかなぁ・・・・・・。
    年齢の経過と共に、少しずつ、人としての感情が消えてきたような気がします。
    (今なら目の前で人が死んでいようが、我、関せず!と決め込みそうで怖い・・・)

    若い時は、「一人でも全然平気!」と思えるでしょうが、
    年を取ってくると結構キツイですよ。
    貴方は、両親・友人・昔の同級生と連絡を取っていますか?
    今でも大切な存在だと思えているのでしょうか?

    連絡先を知っていればの話しですけど、たまには昔の仲間や、
    当時気になっていた あの人に連絡してみては如何でしょうか?

    ちなみに、私のことを憶えている人は・・・・・自分じゃわかりません・・・・・・
    とても悲しい事だと思います。
    ですが、貴方にしろ、私にしろ、両親・友人・昔の同級生等、 
    必ず誰かしらに、存在を認識されているものです。
    自分の事を知っている人を常に意識していれば、犯罪にも走らない。
    (セコイ犯罪でテレビに顔を晒すのは、格好悪いでしょう?)
    人は、誰かを監視し、監視される事によって、安心できる生物であると言えます。
    (タイトルと文面が、なんか違うような気がするが、気にしてはいけない・・・・。)
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。